子供の医療費から住む地域を考える

日本では公的な保険に加入しますので、病気、怪我の治療にかかった費用の3割を負担します。
日本全国でこの制度は同じですが、子供に限っては3割ではなく負担ゼロになる地域があります。
市町村により異なりますが、子供の治療費がゼロ円になるところがあります。
もちろん、年齢によりますが、15歳まで、18歳まで、12歳までと地域によりことなりますが、負担をしてくれる自治体があります。
入院時の食事、ベッドなど細かい部分では自治体により差はありますが、風邪などでの通院は基本0円になります。
今までは地方においてその制度を取り入れている自治体が多かったのですが、東京23区においても子供の医療費助成が行われている自治体もあります。
子供はすぐに風邪を引きますし、怪我もします。
治療費もバカになりません。
結婚したら、子供が生まれた時住む地域を考えた時、子供の医療費助成が行われている地域から選ぶのもひとつの選択ポイントになります。

医療コーディネート役の育成が行われている

総合力や連携力を地域の診療所などが高められるか否かは、ケアにあったったり、連携業務を担当する職員の実力に左右される部分が大きいです。
現場でのケアや様々な業務をゆだねられれば、医師の負担軽減にもつながります。
そのため、職員の育成能力も主治医の機能を果たす上では非常に重要なポイントです。
在宅医療の分野では近年、外部のケアマネジャーや介護事業者などとの連携の窓口となる医療コーディネート役の職員を育てようという動きがあります。
たとえば、在宅医療において訪問診療に同行し、ヘルパーなどに医師の指示をわかりやすく伝えるほか、患者や家族、高齢者住宅のケアマネジャーや介護職員らの要望を聞き取り、院内の各職種にフィードバックする役割をもつ人材の育成です。
これにより、医師は負担を軽減することができる上、介護職員もわざわざ医師のもとへ足を運ぶ必要がなくなります。
育成方針を掲げることは、職員のやる気を高め、採用面にも好影響を与えますし、うまく機能すれば地域の信頼はあがり、組織の活性化という副産物をもたらします。